お客様の生の声をご紹介しています

ホロサンからマグニファイアが発売されます【既存ラインナップとの比較も】

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ドットサイト、スコープを愛しています。高卒で飲食店に就職→メーカー勤務→結婚→退職→ネットショップ開店→北海道に住みながら照準器専門店を運営しています。2018年は6000個以上の照準器をお客様にお届けしました。実銃用のドットサイト、スコープの話題を中心に呟きます。

2019年で発表されたHOLOSUNのマグニファイア。以前ツイッターでご報告した際も非常に多くの方が関心を持たれているようでした。

今回の記事では、ホロサンのマグニファイア「HN3X」のスペックや機能についてご紹介します。

この記事を読めば、「ホロサンのマグニファイア、こんな感じなんだ。」というくらいには分かっていただけるんじゃないかと思います。

既存ラインナップとの比較も交えつつ、ご紹介します。

HOLOSUN HM3Xのスペック

倍率 3倍
射出瞳 7.4mm
アイレリーフ 70mm
FOV 7°/37ft 100ヤード
視度 ±3D
通過率 0.75
レンズ素材 光学ガラス
保管温度 -40~70度
動作温度 -30~60度
湿度 0.95%
防水規格 IP67
窒素濃度 0.9999
ハウジング素材 アルミニウム
表面仕上げ MAO
カラー ブラック
サイズ 99×41×61mm
重さ 278g

スペックからは、良し悪しはわかりませんがポイントはこの3つだと思います。

  • 倍率:3倍
  • アイレリーフ:70mm
  • 重さ:278g

倍率3倍は、使いやすい倍率ではないでしょうか。

アイレリーフの公表値、70mmは比較的長めではございます。参考までにつぼみアームズで扱っているマグニファイアと比較してみました。

プライマリーアームズ(マグニファイア)※写真はお客様提供

サイトマーク(マグニファイア)※写真はお客様提供

 

モデル アイレリーフ(公表値) アイレリーフ(実測)
ホロサン(本機) 70mm ???mm
プライマリーアームズ 67mm 80~90mm
サイトマーク 89mm 60~70mm

但し、こんな感じで、公表値はあてにならないことが多いので注意です。

実測値のアイレリーフはサイトマークが長いわけですが、実測ではプリマリーアームズのほうが長いです。

重さに関しては、こんな感じ。

モデル 重さ
ホロサン(本機) 278g
プライマリーアームズ 349g*
サイトマーク 360g

*プライマリーアームズのマグニファイアはスイングマウントが付属していませんので、比較するために、サイトマーク製のスイングマウントの重さ(125g)を加算しています。

重さを比べると、ホロサンはかなり軽いところが分かります。フォルムを見ると、ホロサンはかなりシンプルな見た目をしているので、そのあたりが影響している様子。

マグニファイアはドットサイト併用する分、どうしても装備が重たくなりがちなので、軽いのはありがたいですね。

ホロサンのマグニファイアのレンズまでの高さについて

レールからレンズ中央までの高さは、「Absolute Co-witness*」。そして、付属のスペーサーを使うと、「Lower¼Co-witness**」まで高さを上げることが出来ます。

微妙な高さ調節ができるのはありがたいですね。

*Absolute Co-witness:アイアンサイトと同じ高さにレティクルが位置します。

**Lower¼Co-witness:アイアンサイトの高さより1/4インチ(約6mm)高くレティクルが位置します。

 

ホロサンのモデルは、自動調光付きのモデルと、そうでないモデルが合って、それぞれで高さが約5mmほど違うんですよね。

恐らくですが、その両方に対応出来るようにしたんではなかろうか。と思っております。

ホロサンのマグニファイアが届いたら注目したい所

  • アイボックス
  • スイングのスムーズさ

このあたりが気になる所。

特にスイングのスムーズさについては、既存ラインナップのサイトマークのスイングマウントが優秀すぎるので、HOLOSUNのマウントが残念だとちょっと悲しいなぁと思っています。

ショットショーでさらっと見た感じだと、そこまで悪い印象はありませんでしたし、こちらのインタビュー動画見てもらえば分かりますが、結構スムーズ。

ホロサンのマグニファイアにしかないポイント

スイングマウントは、切り替えると左右どちらにでも倒せる仕組みになっています。

これは、優秀すぎると噂のサイトマークのスイングマウントにはない機能です。

ホロサンのマグニファイアと一緒に使いたいドットサイト

最後に、マグニファイアと一緒に合わせたいドットサイトをピックアップ。

といって、やはり倍率がつくのでサークルドットが表示できるモデルのほうが圧倒的に楽しいんですよね。

というわけでピックアップしたのはこの3つ。

HS503G-ACSS

写真はお客様から提供いただいたものです。

プリマリーアームズとのトラボドットサイトのACSS(特許)レティクルバージョンです。

ドットサイトでは珍しいBDCレティクルは、マグニファイアと合わせるためにあります。

ACSS(特許)レティクル

 

HS503CU/GU

写真はお客様から提供いただいたものです。

もちろん、サークル表示が可能なベーシックモデル、HS503CU/GUと合わせてもいいですよね。

HS510C

写真はお客様から提供いただいたものです。

そして、最後はHS510C。オープンタイプと組み合わせても面白いと思います。ショットショーでもHS510Cと一緒に展示されていました。

ただ、T1タイプに比べて長さがあるので、マグニファイアと合わせてレールに乗り切るか。はちょっと注意が必要です。

 

というわけで今回は以上です。

スペック上だけの簡単な比較ですが、なんとなくホロサンのマグニファイアはこんな感じ。と分かってもらえたなら嬉しいです。

実物が届いてから、続報を報告いたします。

 

 

あなたも、お得に高品質な照準器を手に入れませんか?

つぼみアームズのメールマガジンでは、実銃用ドットサイトや照準器の話題、メンバー限定のプレゼントキャンペーンや、お得なセールの案内を行っています。

もし、あなたがお得に高品質な照準器を手に入れることに興味があるならこちらから登録お願いします。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ドットサイト、スコープを愛しています。高卒で飲食店に就職→メーカー勤務→結婚→退職→ネットショップ開店→北海道に住みながら照準器専門店を運営しています。2018年は6000個以上の照準器をお客様にお届けしました。実銃用のドットサイト、スコープの話題を中心に呟きます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© つぼみアームズ ドットサイト専門店 , 2019 All Rights Reserved.