お客様の生の声をご紹介しています

軍用ナイトビジョン 単眼タイプ PVS-14Cのご紹介

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ドットサイト、スコープを愛しています。高卒で飲食店に就職→メーカー勤務→結婚→退職→ネットショップ開店→北海道に住みながら照準器専門店を運営しています。2018年は6000個以上の照準器をお客様にお届けしました。実銃用のドットサイト、スコープの話題を中心に呟きます。

この記事では、先日のPBS-14に引き続き、PVS-14Cについて、特徴をご紹介します。

結論から言うと、PBS-14と同様、はじめての軍用ナイトビジョンにぴったりなモデルです。PBS-14に次いで、比較的安価なのもその理由の一つです。

単眼鏡として使用する以外にも、ヘルメットに装着してハンズフリー化したり、銃器へ装着して、スコープに暗視装置の役割を付加することが出来ます。

 

PBS-14と何が違うの?と疑問に思う方も多いと思いますが、簡単に言うと、「マニュアルゲインコントロール」が可能なのが、本機PVS-14で、不能なのがPBS-14です。

この記事では、PVS-14Cについて深掘りしつつ、値段や機能・スペックをご紹介していきます。

※以降の表示価格は2019年2月時点のものです。為替等の理由で実際の販売価格とは異なる場合がありますので、予めご注意ください。また、金額は1万円未満四捨五入しています。

軍用ナイトビジョン PVS-14Cの値段

選択できる増幅感、オートゲート機能の有無によって価格が変わります。一番安価なのは第2世代のオートゲート無しのモデルで、価格は43万円となっています。表にしてまとめましたので、こちらをご覧ください。

第2世代~第3世代(増幅感はすべてグリーンフォスファーです)

増幅管世代 FOM OG*なし OG*あり
第2世代 1,000~1,250 43万円
第3世代 1,600~1799 65万円 68万円(+3万)
第3世代 1,800~ 79万円 82万円(+3万)

*OG(オートゲート):

XR5~第4世代(増幅感を選択できます。オートゲート機能は全モデルついています)

増幅管世代 FOM GP* WP*
XR5 1,600~1,799 90万 98万円(+8万)
第4世代 1,800~ 106万円 116万円(+10万)

*GP:グリーン・フォスファー

**WP:ホワイト・フォスファー

引用:GREEN vs. WHITE: true speak

XR5及び、第4世代(G4)はPhotonis Technologies S.A.S.の登録商標です。

軍用ナイトビジョン PVS-14Cのスペック

光学倍率 1倍
対物レンズ 27mm
対物レンズF値 F1.2
視野角 40°
フォーカス範囲 0.25mm~無制限
視度調整範囲 -6°~+4°
内蔵IR あり 905nm
IRインジケーター あり
電池 単3電池またはCR123x1
電池寿命 最大40時間
防水・防塵性能 IP67以上
寸法 110x65x55mm
重量 330グラム
動作温度 -40℃〜+ 50℃
保証期間 7年

 

軍用ナイトビジョン PVS-14Cの機能

オートゲート* オプション
マニュアルゲインコントロール** あり
オートブライトネスコントロール*** あり
レンズ交換 ○(3倍/5倍)
ヘルメットへの装着
銃器への装着
一眼カメラへの装着
跳ね上げ時OFF機能****
SSF*****

*オートゲート:電源供給を高速に制御する機能です。明る環境下での解像度の低下や、イメージインテンシファイアの保護に役立ちます。

**マニュアルゲインコントロール:手動でゲインを調整を行い、画像の明るさを調整することが出来る機能です。特に周囲の明るさが頻繁に変わる場合に有効な機能です。

***オートブライトネスコントロール(ABC):イメージインテンシファイアの明るさを最適な範囲内に保ち、チューブを保護する機能です。

****跳ね上げ時OFF機能:ヘルメットに装着したときに、使用しないときに跳ね上げた際、自動的に電源がOFFになる機能です。

****SSF(Stow Safety Feature):ナイトビジョンが格納されると、自動的に電源がOFFとなり、水平位置に戻ると自動的に電源がONになる機能です。

軍用ナイトビジョン PVS-14Cの付属品

  • PVS-14C単眼鏡本体
  • 日中用フィルター
  • 防露レンズ
  • 対物保護レンズ
  • ネックストラップ
  • 単3電池エクステンダー
  • ポーチ

第3世代以上の増幅感を選択した場合、ハードケースが付属品に加わります。

軍用ナイトビジョン PVS-14Cの関連アクセサリー

倍率レンズ

3倍レンズ

5倍レンズ

倍率の異なる2種類のレンズを用意しています。

  • 3倍レンズ:8万円
  • 5倍レンズ:14万円

マウントリング

単眼タイプのナイトビジョンを、近距離用のスナイピングツールに変換するためのマウントです。QD式なので、素早くナイトビジョンを取り外すことができ、ヘルメットに付け直すことが可能です。

一般的なピカティニーレールに対応しています。

  • WM-14:4万円

ゼロレンズキット

通常のスコープの前に取り付けることで、普段使っているスコープに暗視性能を付与することが出来ます。

前方に取り付けることで、イメージ増強効率が維持され、ゼロレンズを通過する際に生成イメージの解像度が向上します。

  • ゼロレンズキット:28万円

付属品:ゼロレンズ、小型3倍マグニファイア、MIL- STD-1913レールマウント、レンズクリーニングキット、取扱説明書、手持ちケース。

※ナイトビジョン本体は付属しません。

カメラアダプター

デジタル一眼レフカメラに、ナイトビジョンを取り付けることが出来ます。37mmまたは52mmのレンズに取り付けることが可能です。

  • CA-37/52:2万円

軍用ナイトビジョン PVS-14Cの組み合わせ例

ハンズフリー化(合計:73万円)

  • PVS-14本体(第3世代,オートゲートなし):65万円
  • ヘルメットマウント(714LP-SR):5万円
  • J-Arm:3万円

別途、ヘルメット及びシュラウドを用意する必要があります。

銃への取り付け(合計:67万円)

写真はPVS-14を使っています

  • PVS-14本体(第3世代,オートゲートなし):65万円
  • マウントリング(WM-14):2万円

他のモデルのナイトビジョンとの違い

同じ単眼鏡タイプでは、PBS-14というモデルが存在ます。

結論から言うと、都市部など、周囲の明るさが頻繁に変わる環境で使うことを想定している場合は、PVS-14Cがおすすめです。

 

その理由は、PVS-14Cには、PBS-14にはないマニュアルゲインコントロール機能がついているからです。マニュアルゲインコントロールが可能な場合、周囲の明るさの環境に応じて調整が可能なので、特に都市部などでは有効に機能を使うことが出来ます。

特に第3世代以降を選択する場合、価格の差も大きくないので、PVS-14Cを選択したほうがよいでしょう。

PBS-14との価格の違い

増幅管世代 FOM PVS-14C(本機) PBC-14(比較用)
第2世代 1,000~1,250 43万円 35万円
第3世代 1,600~1799 65万円 60万円
第3世代 1,800~ 79万円 75万円
XR5 1,600~1,799 90万円 87万
第4世代 1,800~ 106万円 103万円

価格の比較はグリーンファスファーで行っています。

 

 

というわけでPVS-14Cのご紹介は、これで以上です。ご不明点などありましたら、コメント欄よりお待ちしております。

PVS-14Cはこちらで購入が可能となっております。

 

ご注文後、メーカーへ納期の確認を行い、その後にお支払い後、発注となります。

輸入にあたり、エンドユーザー登録とカナダ政府の輸出許可を受けて発送いたします。

 

 

あなたも、お得に高品質な照準器を手に入れませんか?

つぼみアームズのメールマガジンでは、実銃用ドットサイトや照準器の話題、メンバー限定のプレゼントキャンペーンや、お得なセールの案内を行っています。

もし、あなたがお得に高品質な照準器を手に入れることに興味があるならこちらから登録お願いします。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ドットサイト、スコープを愛しています。高卒で飲食店に就職→メーカー勤務→結婚→退職→ネットショップ開店→北海道に住みながら照準器専門店を運営しています。2018年は6000個以上の照準器をお客様にお届けしました。実銃用のドットサイト、スコープの話題を中心に呟きます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© つぼみアームズ ドットサイト専門店 , 2019 All Rights Reserved.