お客様の生の声をご紹介しています

ホロサイトカバーを使うメリット・デメリットは?おすすめのレンズカバーを紹介

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

誰もがサバゲー中にサイトを覗き込んで射撃、と思った刹那サイトの先の風景は巨大な白い球でいっぱいになり、次の瞬間光が弾けた風景になる経験をしたことがあるのではないしょうか。

その際、ホロサイトが割れてしまい、「ホロサイト カバーをして入れば割れることはなかった」と悔いる方もいらっしゃるでしょう。

特にホロサイトやホロサイトを模したダットサイト(以下まとめてホロサイト類と言う)の場合、近年の高品質、低価格化が進んだダットサイトの中では高額な部類になりつつあります。

ホロサイト類をサバゲー中の被弾から守るのがホロサイトカバー。今回は、ホロサイト カバーを使うメリットデメリット、おすすめのホロサイトカバーをご紹介します。

ホロサイトカバーを使うメリット・デメリット

まずは、ホロサイトカバーを使うメリットデメリットをご紹介します。

ホロサイトカバーはサバゲーで利用する上では、大きな効果を発揮する反面、いくつかデメリットも。

それぞれについて以下より詳しく解説します。

ホロサイトカバーのメリット

ホロサイト カバーのメリットは以下の3点。

  • ホロサイト に被弾しても割れない
  • 割れる不安なくサバゲーを楽しめる
  • 保管/運搬時にも安心

それぞれ説明していきましょう。

ホロサイトに被弾しても割れない

ホロサイトカバーを使う一番のメリットは被弾しても割れないということ。サバゲー中にホロサイトにBB弾が飛んできてもホロサイトカバーを使用していれば、対物レンズに直接被弾し、割れてしまうことは少なくなります。

割れる不安なくサバゲーを楽しめる

また、ホロサイトカバーを付けると、被弾しても対物レンズが割れる心配がないため、不安なくサバゲーを楽しめます。

BB弾が激しく飛び交う最前線や交戦距離が近くなるインドアフィールドでも臆することなく突っ込んでいくことができます。

保管・運搬時にも安心

ホロサイトを含めた光学機器はサバゲー中以外でも破損します。自宅での保管時や自宅からフィールド間への運搬時などでも破損の不安は拭い切れません。

自宅からフィールドへ運搬する際にガンケースにサバゲー用品がすし詰め。ケース内でホロサイトにあたったり、移動中に地面にケースをおいた際に衝撃を与えたり。

意外と簡単に光学機器のレンズは割れてしまいます。
ホロサイトカバーを付けていても限界はあるが、これらから受けるダメージを軽減してくれることは確かです。

ホロサイトカバーのデメリット

ホロサイトカバーのデメリットは以下の3点。

  • お金がかかる
  • 鑑賞する人は不要
  • ホロサイトの視界に影響が出る

それぞれご紹介します。

お金がかかる

ホロサイト類の本体を購入するだけでもなかなかの出費だが、加えてホロサイトカバーも、となれば懐が痛くなってきます。

被弾した際の保険と考えれば安いものだが、自身の被弾経験や懐具合と要相談です。

鑑賞する人は不要

無論、コスプレをする際のエアガンに使用するだとか、お座敷シューティング用の銃用、ということであればホロサイトカバーは不要です。
しかし、お座敷シューティングはターゲットとの距離が近いので、跳弾がホロサイトに飛んでくる場合もあります。

ホロサイトの視界に影響が出る

ホロサイトカバーは基本的にポリカーボネート板の加工品であることが多いでしょう。 反射防止加工がされていない物をレンズの前に装着すると、光の加減で自分自身の像がカバーに写り込みサイティングしづらく(単純に見えづらい)ことも。

ホロサイトカバーを購入する際の選び方

ホロサイトカバーを購入する際の選び方は以下の3点です。

  • 耐久性
  • 加工可能か
  • 透明度高いか

耐久性はあるか

ホロサイトカバーを使用する主たる理由の被弾防止と、被弾したカバーがどうなるかは耐久性で決まります。

具体的にはそのカバーがどの様な素材でできているか、また同じ素材でも厚みがどの程度かで耐久性に差が出てきます。

カバーの厚みが薄い場合は被弾した場合にホロサイト類が破損しないまでもカバーは破損する可能性も。

厚みがある素材であれば被弾しても多少の跡が残る程度で済みます。

加工ができるのか

加工ができるかどうかはホロサイト類の主流がレプリカ品であり、様々なメーカーから販売されている現状では重要なポイントです。

ホロサイトカバーは何らかのホロサイト類を元に最大公約数的に製造されているため、自分が所有するホロサイト類へのフィッティングが完全でない場合があります。

その場合に厚みが薄い素材であれば切る・削る・曲げるといった加工が容易だが、厚みのある素材の場合難しくなります。

透明度が高いか

照準器としての機能を低下させないためにホロサイトカバーの透明度は重要です。

ホロサイト類の中でレプリカ品は元来レンズが暗い傾向にあるため、現状よりも視認性を落とさない様に透明度が高い製品を選ぶ必要があります。

初心者におすすめのホロサイトレンズカバー3選

初心者におすすめのホロサイトレンズカバーは以下の3つ。

  • GunsModify(ガンズモデファイ)EOTech ホロサイトレンズプロテクター
  • HUGGER EOTECH用 レンズプロテクター
  • フリーダム・アート ホロサイトシールド

それぞれご紹介していきます。

GunsModify(ガンズモデファイ)EOTech ホロサイトレンズプロテクター

出典:楽天

GunsModify(ガンズモデファイ)EOTech ホロサイトレンズプロテクターは、ホロサイトカバーの基本的な形状である上方と左右の爪をホロサイト類の対物レンズと外装カバーの隙間に差し込んで使用するタイプ。

取り付けにあたっては多少の加工が必要になる場合もあるが、2mm厚のポリカーボネイトを使用しており耐久性、透明性に問題もありません。

非常に使いやすいしようとなっていますね。

https://item.rakuten.co.jp/military-base/gm0028/

HUGGER EOTECH用 レンズプロテクター

HUGGER EOTECH用 レンズプロテクター

出典:楽天

HUGGER EOTECH用 レンズプロテクターは、上方のみをホロサイト類の対物レンズと外装カバーの隙間に差し込んで使用するタイプ。

他社の製品と異なり1.5mm厚の特殊プラスティック(非ポリカーボネイト)を使用することで乱反射を防ぎ視野を確保した製品。

https://item.rakuten.co.jp/military-base/h-ss004/

フリーダム・アート ホロサイトシールド

出典:楽天

フリーダム・アート ホロサイトシールドは、日本を代表するカスタムパーツメーカーであるフリーダムアート社の製品です。

これまでに紹介した製品と異なり差し込むだけではなく、外装カバーを取り外して取り付けることが前提であり、その代わりに接眼レンズ側にカバーをしっかりと固定するための爪を設けており、ゲーム中の行動等でカバーが外れてしまうことを防げます。

取り付けには加工が必要となる場合が多いが対処法もメーカーホームページに記載されており他社とは一線を画している。

https://item.rakuten.co.jp/mokei-paddock/800352/

エスツーエス SLM-03 スコープ・シールド(スペアグラス付き)

出典:S2S

筆者も実際に使用しているのがこの製品、エスツーエス SLM-03 スコープ・シールド(スペアグラス付き)です。

メーカーHPの写真にもあるように、ホロサイトにぴったりの高さ設定となっている。そして何より専用品ではないので、高ささえあえばどのような光学機器にも使用可能です。
しかも折りたたみ可能でスペアレンズ付き。

これだけの仕様であるにも関わらず他社製品よりも安い価格。到れりつくせりです。
裏技としてポリカーボネイト板を購入し、自信で好きな大きさに切断して取り付ければ光学機器の対物レンズの大きさも問わなくなります。

http://www.s2s.co.jp/products/detail/50

まとめ

専用形状のカバーが出るほど人気のあるホロサイト。

自分のホロサイトをサバゲー中の被弾から守るために自身の使い方に適したホロサイトカバーを選んでいただきたいです。

 

あなたも、お得に高品質な照準器を手に入れませんか?

つぼみアームズのメールマガジンでは、実銃用ドットサイトや照準器の話題、メンバー限定のプレゼントキャンペーンや、お得なセールの案内を行っています。

もし、あなたがお得に高品質な照準器を手に入れることに興味があるならこちらから登録お願いします。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© つぼみアームズ ドットサイト専門店 , 2021 All Rights Reserved.